ちょっとどいてね

やちむんぼおるで身体の滞りを流して最後にエネルギー調整する、というのが私のやちむん身体調整の施術なのですが、

温かいお湯を入れたやちむんぼおるは

なぜか滞っている場所で勝手に止まります。

で、そこを繰り返しやちむんぼおるで撫でながら、


はい、移動するよ~

と身体に言います笑


で、滞りが頑固ちゃんな場合は

つながっているポイントを探します。

クライアント様はだいたい

「なんでわかるの?」

ってなる痛い場所だったりします。

見つかったら、

そこと滞っている場所がつながっていることを


はい、ここね~ちょっとどいてね~

と音で気づいてもらいます笑


すると身体は素直なので、

緩み始めます。


RASセッションで筋反射を取り、身体の声を聞くってことをしていて

ふと、

これはこうできるのでは?と思ってやり始めた施術ですが


滞りも痛みも

つながっている場所は千差万別

毎回

なるほどなあ

と気づくことばかりです。


痛みのある場所は

こういうサインをくれているんだよ

というお話もしながら

施術は進んでいきます。


RASと同じなのは

淡々とやる、が必要になります。

なんとかしてあげよう、と

自分の感情を入れた瞬間に

身体の声は分からなくなります


で、毎回楽しい←私が笑


ただあくまで施術は手当てですので

治すってことではないので

定期的なメンテナンスとして

いかがでしょう、とお伝えするわけです。


体験されたい方は是非一度お越しくださいね。