セッションの流れ

RASセッションは対面でのマンツーマンで行われます


①最初にセッションシートのご記入をしていただきます。

  内容は具体的な悩み事、気になっている事、不安な事、体調不良

  など。個人名を出していただいても構いませんし、イニシャルでも大丈夫です。

  もちろん頂いた個人情報や相談内容は秘密厳守いたしますのでご安心ください。


②セッションに入る前にキネシオロジー(筋反射)での反応テストなどを行います。

  ここからは提供者は身体との会話を行っていきます。

  クライアント様はしばらく楽な姿勢で向かい合って立って頂くことになりますが、

  不調やお手洗いなどはいつでもおっしゃってください。


③問題なければセッションに入っていきます。

 セッションもキネシオロジーでの身体との会話になります。

 ご相談頂いた内容をどこまでを1つのセッションとして扱えるかを聞いていきますので、 

 1回では全てを扱えない場合があります。

 悩み事のストレスの数値などを計り、その根底にある信じ込みを特定していきます。


④特定した信じ込みを眼球筋運動・解放技術によって解放していきます。

 具体的にはその信じ込み(私は○○と感じています)を口にしながら、

 提供者の指示で視線を動かします。

 複数信じ込みがある場合はその全てに解放をしていきます。


⑤最後にまたキネシオロジーで解放がきちんとされているかなどの確認をし、

 宿題(何が宿題か、量、期間など)を

 聞いてセッションを終了します。